トップ>  サポーター・ボランティア

サポーター・ボランティア

サポーター・ボランティアについて

岐阜県図書館では、図書館の利用者サービスを支援するため、またご自身の生涯学習の一環として、各種のボランティアの方々が活動していらっしゃいます。以下それぞれのグループに分けて、その活動内容を紹介します。
新規の募集も行っておりますので、関心のある方は各グループの説明をご覧いただき、電話又はメールでご連絡ください。

一般サポーター

一般サポーター活動写真

活動内容

返却された本の整理や破損した本の修理など日常的な図書館活動を支える活動を行っています。

  • 排架作業

    利用者からの返却資料を書架の正規の位置に戻す作業です。活動日時は休館日以外の任意の時間です。

  • 古い図書ラベルの貼り替え作業

    閉架書庫内の「6版図書」のラベルを新様式のものに貼り替える作業です。
    活動日時は火曜日と水曜日の午後にグループで行うことを原則としています。

  • 破損本修理作業

    図書館で用意する道具を使って破損本を修理する作業です。
    活動日時は火曜日の午後と水曜日の午後としています。

研修会

図書館活動について理解を深めるため年1回「一般サポーター懇談会・研修会」を実施しています。

活動するためには

資格や経験は必要ありませんが、根気のある方を歓迎します!
まずは、5月・11月に開催する登録説明・体験会へご参加ください。
今年度の開催日程はこちらです。
説明会への参加は1回で結構ですが、体験会へは基礎的技術を身につけていただくため、現場の空気を感じていただくために、2回以上ご参加ください。(ご都合が合わない場合はご相談ください)
体験していただいた後、定期的継続的(1ヶ月に1回程度以上)ご活動いただける見込みの方には、翌6月・12月より正式に登録、活動していただきます。
登録説明・体験会へ参加を希望される方は、第2カウンター職員、又は下記までご連絡ください。

お問い合わせ

調査相談係(内線331)
e-mail:braille@library.pref.gifu.jp

おはなしサポーター

おはなしサポーター活動写真

活動内容

毎月第1・3日曜日、第2土曜日におはなし会を開き、おはなし室での本の読み聞かせ、紙芝居、手遊び等を行っています。
(このほかに、第2木曜日には職員が担当してのおはなし会もあります。)
これまでのおはなし会プログラムは「おはなしサポーター活動の記録」をご覧ください。

おはなしサポーター活動の記録

研修会

読み聞かせ等の技術向上を図るため年1回実施。おはなしサポーター、外国絵本サポーター合同で研修会を行います。

活動するためには

図書利用係職員へおたずねください

お問い合わせ

図書利用係(内線361)
e-mail:kodomo@library.pref.gifu.jp

外国絵本サポーター

外国絵本サポーター活動写真

活動内容

外国語での本の読み聞かせを通して、世界の多様な文化に触れ、親しんでもらえるよう活動を行っています

  • 外国絵本のおはなし会

    外国語による読み聞かせを偶数月の第1日曜日2時からおはなし室で行っています。これまでに、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・ドイツ語・スウェーデン語、スペイン語による読み聞かせを実施してきました。
    これまでのおはなし会プログラムは「外国絵本サポーター活動の記録」をご覧ください。

外国絵本サポーター活動の記録

研修会

絵本について専門的な知識を深めたり、おはなし会の技術の向上を図るため年1回実施。おはなしサポーター、外国絵本サポーターと合同で研修会を行います。

活動するためには

図書利用係職員へおたずねください

お問い合わせ

図書利用係(内線361)
e-mail:kodomo@library.pref.gifu.jp

視覚障がい者サービス協力者 せせらぎの会

視覚障がい者サービス協力者活動写真

活動内容

視覚障がいをもつ方にも図書館を活用していただけるよう、資料の音訳(文字・図などを音声に変換)に関する活動をしています。

  • 視覚障がいをもつ方の誘導

    図書館にこられた視覚障がいをもつ方をご案内します。

  • 対面朗読

    そのままの状態では、資料を活用できない方のために、ご希望の資料をお読みします。

  • 利用者の依頼に応じたプライベート録音の作製

    希望の資料が音訳されていない場合、音訳し貸し出します。(他の図書館等で音訳されているものは、お借りして貸し出します。)

  • 録音図書作製

    いろいろな資料を利用していただけるように、図書を音訳し、岐阜県図書館の蔵書として登録します。

  • 図書館発行物(「声の図書館だより」など)の音訳

    図書館からのお知らせなどを音訳し、利用者にお届けします。

研修会

月に1回程度、音訳技術向上のための研修会や自主勉強会を開催しています。

活動するためには

当館主催の初級講座修了が必要です。
※平成26年度の募集予定はありません。

録音図書作成の手順

録音図書作成の手順

お問い合わせ

調査相談係(障がい者サービス担当)(内線331)
e-mail:braille@library.pref.gifu.jp

花飾りサポーター

活動内容

定期的に総合カウンターに生花の飾り付けを行っています。

活動するためには

第2カウンター職員、又は下記までご連絡ください。

お問い合わせ

調査相談係(内線331)
e-mail:braille@library.pref.gifu.jp

花飾りサポーター活動写真

岐阜県図書館サポーター等全体交流会報告

概要

  • 日時    平成28(2016)年9月29日(木)13時30分〜16時
  • 場所    岐阜県図書館 研修室1(2階)
  • 開催主旨    岐阜県図書館サポーター・協力者としての意識の共有化を図り、相互に理解を深める。

内容

交流会

13時30分〜15時20分

  • 自己紹介
  • 各サポーター代表による活動紹介

    当館で活動されている各サポーターの代表の方に、日頃の実践や直面している課題など、活動内容について具体的に説明していただきました。

  • 意見交換

    活動を通じて感じたこと、疑問、提案など、忌憚なく意見を交換することができました。

研修会

15時30分〜16時

  • 研修テーマ 「岐阜県図書館の選書について」

    当館の選書について、実際に使用したカタログを紹介しながら説明しました。

交流会の様子

Q&A(質問・答え)

Q1 誰でも活動できますか?

A1 満15歳以上(中学生を除く)で、継続的に活動していただける方にお願いしています。
おはなしサポーターは、絵本や児童書に興味のある方、児童の本や子どもの読書に興味のある方、外国絵本サポーターは、英語など外国語ができること(詳しくはおたずねください)、視覚障がい者サービス協力者は、県図書館の音訳講習会の修了者などの条件があります。その他のボランティアについては、資格、経験は必要ありません。
また、各ボランティアで図書館活動全般に対する理解を深め、知識、技能の向上を図るため、各種の研修会・講習会を行っています。

Q2 活動のペースはどれくらいですか?

A2 おはなし会が定期的に行われるおはなしサポーター以外は、週に数回〜月に数回程度の方まで、活動のペースはまちまちです。ほとんどの場合、都合のよい日時に一人一人に合ったペースで活動していただいています。

Q3 ボランティア登録するにはどうすればいいですか?

A3 登録説明会(見学・体験を含む)を以下の日程で実施しますので、ご参加ください。 なお、一般サポーター(返却本の整理)につきましては随時受け付けています。登録説明会へご参加いただけない方はご相談ください。

平成28年度 登録説明会(見学・体験を含む)日程
サポーター名 開催日・場所 内容
一般サポーター 排架 11月17日(木)、18日(金)
場所:サポーター室(控え室)
※第2カウンターにて受付
・説明会13時〜13時30分
・体験会13時30分〜
@活動の説明・登録などについて説明
A作業を体験
・本の表紙のクリーニング
・返却本の排架
・書架の整理
修理 定員を満たしているため、募集はありません。
おはなしサポーター 11月12日(土)
場所:おはなし室
※小学生向けおはなし会(毎月第2土曜日14時〜)のみの募集になります
・見学会14時〜14時30分
・説明会14時30分〜
@おはなし会の活動を見学
Aおはなし会の主旨・登録などについて説明
外国絵本サポーター 12月11日(日)
場所:おはなし室
・見学会14時〜14時30分
・説明会14時30分〜
@おはなし会の活動を見学
Aおはなし会の主旨・登録などについて説明

※視覚障がい者サービス協力者・花飾りサポーターについては、募集しておりません。

お問い合わせ
一般サポーター
花飾りサポーター
視覚障がい者サービス協力者
サービス課 調査相談係(内線331)
おはなしサポーター
外国絵本サポーター
サービス課 図書利用係(内線361)

SNS