○岐阜県ゆかりの先駆者たち
第6回
幕末の詩人・梁川星巌の才媛の妻
梁川紅蘭(やながわこうらん)
1804-1879(文化元年-明治12年)
 梁川紅蘭の夫・星巌は、19世紀日本文学史上に頼山陽と共に二大巨星と称される美濃文化を代表する漢詩人です。

 紅蘭は、文化元年(1804)美濃国安八郡曽根村(大垣市曽根町)に生まれ、星巌とはまたいとこです。14歳で、星巌の私塾「梨花村草舎」に入ります。優秀な弟子であった紅蘭は17歳の春、32歳の師・星巌と自ら望み結婚します。

 新婚早々、星巌は行き先も告げずに旅に出ます。彼は紅蘭に『三体詩』(唐詩人167人の詩を三つの詩体に分けた編書・6巻)を渡し、留守中に絶句の部分を暗記するよう言い残します。紅蘭は夫が帰るまでの2年間で絶句のみならず全巻を暗記しました。紅蘭の勝ち気さ、熱心さと、結婚当初から妻を詩人として育てようとする星巌の意図を示す有名な逸話です。

 夫の放浪癖を身をもって知った紅蘭は、その後の旅に同行します。伊勢から山陽路を経て長崎まで訪れた旅は4年にも及び、若き日のこの旅が、紅蘭の詩情を膨らませました。

 その後、夫妻は江戸、曽根村、京都と移り住みます。紅蘭は夫に良く仕え、毎日琴を弾き夫を慰める優しさを持つ反面、気性が激しく隣家に声が届くような夫婦喧嘩もよくしました。

 安政5年9月、星巌がコレラで急死し、直後に安政の大獄が起こります。紅蘭は、尊皇攘夷派と目されていた夫の身代わりで投獄されます。彼女は厳しい尋問にもついに自白せず半年で放免されました。

 その後は私塾を開き詩文を教えつつ夫の遺稿集の編集に尽力し、明治12年に76歳で亡くなりました。

 紅蘭は、激動の時代に、妻は家庭を守るものという通念を越え、夫から漢詩を学び、ともに旅し、文人として類い希な一生を送り、400余首の詩を残しました。
[参考文献(岐阜県図書館所蔵)]
『梁川星巌と紅蘭』 梁川星巌・紅蘭夫妻顕彰事業実行委員会 1989
『女たちの幕末京都』 辻ミチ子 中央公論新社 2003
『美濃の漢詩人とその作品』 山田勝弘 研文社 1993
『梁川星巌・紅蘭放浪の鴛鴦』 大原富枝 淡交社 1973
『梁川星巌全集 第4巻(紅蘭詩集)』 冨長覚夢 同全集刊行会 1958
(岐阜県図書館 土方記)